286月

title:フィリピン遠征の谷口と三代が快勝!

再起戦の日本ミニマム級5位・谷口将隆は得意の左ストレートで初回から圧倒、1回終了TKO勝ちとなりました。プロ2戦目を迎えたアマ出身の三代大訓もキレのある右ストレートで大差の判定勝利!応援ありがとうございました。

DDU6ZGBVwAAi1XL

DDU6ZGBUAAAnzUo

266月

title:北海道でデビュー戦!

北海道・札幌でデビューをむかえた長田庄一郎と斎川卓也。長田は3-0の判定勝ち、斎川は1Rにダウンを奪われるも倒し返し1RKO勝ち。ともにデビュー戦を飾りました!

63.0㎏契約 4R
長田 庄一郎 vs 齊藤 洵紀(協栄札幌)
結果:3-0判定勝ち

フェザー級 4R
齋川 卓也 vs 福井 瑛紀(畠山)
結果:1RTKO勝ち

写真:ボクシングモバイル
1498411249_3sp

1498410141_5sp

226月

title:山元浩嗣が日本タイトル挑戦!

約1年間のフィリピン武者修行の集大成として日本スーパーフェザー級13位の山元浩嗣が7月1日(土)日本タイトルに挑みます!相手は世界ランカーでもある日本スーパーフェザー級チャンピオンの尾川堅一(帝拳)。

「結果で恩を返したい。チャンピオンベルトで恩を返したい」
と意気込む山元浩嗣にご期待ください!

7月1日(土)後楽園ホール
日本スーパーフェザー級タイトルマッチ 10R
同級13位・山元 浩嗣 vs 王者・尾川 堅一(帝拳)

問合せ:03-5436-2355/watanabegym@nifty.com

S__105095174 18951066_1925761704304229_8399319577792776136_n

206月

title:加藤、太田が快勝!

初回から積極的に攻めるライト級の加藤裕が右ストレートでダウンを奪い1RKO勝ち!嬉しい初勝利を挙げました。スーパーフライ級の太田憲人はラストラウンドに逆転のダウンを奪い判定勝ち。デビュー戦を見事勝利で飾りました。

写真:ボクシングモバイル
19366356_1584886854863173_7181641208392681133_n

19399641_1584886881529837_7453348361457310316_n

166月

title:松浦と亀山が準決勝進出!

東日本新人王予選、フェザー級の松浦大地とライトフライ級の亀山大輝が共に判定勝ちで準決勝に進出!ライト級の佐々木悠登は2R負傷引き分け(敗者扱い)となり、次戦進出はなりませんでした。

写真:ボクシングモバイル
500

146月

title:7月23日ダブルタイトルマッチ

7月23日(日)大田区総合体育館で行われるW世界戦と日本タイトルマッチ、河野公平再起戦が発表されました。田口良一は6度目の防衛戦、統一戦を目指す上で負けられない一戦です。そして8戦目で世界初挑戦のチャンスを掴んだ京口紘人、1位の挑戦者を迎え初防衛戦を行う船井龍一、3度目の王座返り咲きを目指す河野公平が出場します。
チケット発売:チケットぴあ

THE WORLD DOUBLE TITLE MATCH
7月23日(日)大田区総合体育館/OPEN 16:00/START 16:30
WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 12R
王者 田口良一 vs 同級1位 ロベルト・バレラ(コロンビア

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ 12R
同級9位 京口紘人 vs 王者 ホセ・アルグメド(メキシコ)

日本スーパーフライ級タイトルマッチ 10R
王者 船井龍一 vs 同級1位 奥本貴之(グリーンツダ)

スーパーフライ級 8R
元世界王者 河野公平 vs ラムボー・ゴーラットスポーツスクール(タイ)

〔チケット料金〕VIP/A・B席(※ジムまでお問い合わせください)
RS席¥30,000/指定A席¥20,000/指定B席¥10,000/指定C席¥6,000
〔発売・問い合わせ〕ワタナベジム 03-5436-2355/watanabegym@nifty.com

IMG_1039

 

146月

title:中山佳祐が東洋太平洋フライ級王者に!

昨日行われた、OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ。
挑戦者の中山佳祐が殊勲のタイトル奪取!
現在ワタナベジム10人目のチャンピオンとなりました。
応援ありがとうございました。

OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ 12R
○同級3位 中山佳祐
2-1判定(116-112,115-113,113-115)
●王者 リチャード・クラベラス(フィリピン)

写真:福田直樹

16

18

19

20

21

146月

title:中山佳祐が新王者に!

OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ、挑戦者3位のサスウポー中山佳祐がフットワークを駆使し、ワンツー、左ボディで王者を攻略。2-1の判定勝ちで見事タイトルを獲得しました。たくさんのご声援ありがとうございました!

写真:ボクシングモバイル
newsimage5401497362384_2sp

106月

title:13日、中山がOPBFタイトル挑戦!

初のOPBFタイトル挑戦が間近に迫った中山佳祐
調整も順調でタイトル奪取に期待です!
ぜひ、会場での応援よろしくお願いします!

6月13日(火)後楽園ホール
OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ 12R
同級3位・中山佳祐 vs 王者・リチャード・クラベス(フィリピン)

問合せ:03-5436-2355/watanabegym@nifty.com

18952889_1572571052761420_7878572226732637434_n

18620066_895009570663795_1976722712452628480_n

096月

title:篠塚辰樹が判定勝ち!

フェザー級6回戦。B級期待の篠塚辰樹のプロ3戦目。5線無敗の相手に最終ラウンドにダウンを奪い、判定勝利。2勝目を挙げました!

写真:ボクシングモバイル
1496960315_19sp

次のページ >>